離島 看護師

MENU

離島で看護師の仕事をしたい!

当サイトでは、数の少ない離島での看護師のお仕事を見つけるためのポイントをお届けしています。期限付きや数か月の短いものも求人でありますが、数は決して多くはありません。

 

自分の希望する病院や島での勤務を獲得するために外せないポイントをご案内しています。

 

 

離島の看護師の役割、求められること

 

離島の病院の看護師の役割は、本土の病院の看護師と目的はもちろん変わりません。
ただ「患者さんの看護をする」という目的は同じでも、技術や看護師の人手不足により、看護師としての負担も増えてくるのは確かです。

 

離島の病院の看護師の役割とは何でしょうか。

 

ドラマでも放送していたDr.コトー診療所のように、離島での病院は本土に比べ医療技術が限られていることが多いです。看護師はその限られた処置方法の中で、患者さんを看護してく必要があります。

 

そして人手不足によって、細かい科に分かれている病院はほとんどなく、同じ医師や看護師はどの病気や症状にも対応できるスキルが必要とされています。なので、一つの科を専門としているよりは、一般的な手技があるオールマイティーに対応ができる看護師さんがベターです。

 

基本的に離島での診療は初期治療のみなので、手術や高度な治療は本土で受けてもらっています。
なので、離島の病院の看護師はそこまで専門的な技術を要する必要がないのかもしれませんが、本土で治療を受けることで患者さんに経済的に大きな負担となります。

 

そのため、病院でも最新の機器などを導入はして、少しでも離島で多くの治療を受けられるよう改善はしているようです。
その知識や技術のある看護師が欲しいそうですが、簡単に研修に行くこともできず技術に看護師がついていけてない部分もあるのが課題となってきます。

 

そして離島は小さい島なので、患者さんが皆ご近所さんのようになります。
コミュニケーションをうまくとり、患者としてではなく家族のようにケアをしていくので、勤務時間外でも頼られることはあるかもしれません。

離島の看護師の仕事を見つけるには?

 

離島の数は実はかなりあります。

 

伊豆大島利島、新島、式根島、神津島、三宅島、八丈島、青々島
対馬、壱岐島、五島列島、福江島
屋久島、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島などなど
沖縄 鹿児島 瀬戸内海 長崎 広島などに多いです。


 

こうした島にある病院では、常に慢性的な人手不足です。常にどこかしらの病院で人員の募集をしていますが、自分で求人を待つのは効率が非常によくないです。離島の看護業務に携わる人は、こうした人材を求める求人は、看護師の専門サイトで見つけることができます。

 

一般では目にすることが出来ない、非公開求人をいち早く目にすることができるので、有利な条件での勤務先の病院を見つけやすくなります。

 

離島の看護師プログラムは、短期の派遣という形も多く、離島専門の求人情報を扱っているサイトに登録することが一番確実です。

 

離島の求人ならここがおすすめ

ナースパワー

 

離島の看護師転職に力を入れている貴重なサイト

「沖縄・離島応援ナース」「北海道応援ナース」「都市圏応援ナース」など、積極的に応援ナースの求人を集めていて、紹介してくれます。沖縄や離島の仕事も専門のサービスが用意されています。
また、離島の仕事だけでなく、「都市圏応援ナース」では6ヶ月の期限付き雇用契約で月収45万円が確実!と好条件の求人も斡旋しています。
離島で働きたいなら外せないサイトの一つです。

 

 

看護のお仕事

 

 

離島看護師の求人探し!応援ナースのお仕事

 

 

マイナビ看護師

 

利用者の満足度が高い求人サイト

全国に営業所があり、地方でも非公開の好条件の求人を見つけてくれます。
転職希望者が納得できないような無理な転職をすすめない、じっくりと転職支援してくれるので、アドバイザーの信頼感も高い優良サイトです。

 

 

 

ナース人材バンク

 

 

離島看護師の求人探し!応援ナースのお仕事

 

 

看護師の派遣会社のメリットは?

 

良心的な派遣会社がやっているのは、看護師が欲しい医療機関側と、働きたい看護師との間に立って、マッチングすることです。単に求人票を集めて回り、そこに書かれた人数をかき集めることではないのです。

 

確かに今はどこの医療機関でも慢性的な看護師不足です。また、資格を持ったまま、医療現場をから離れたままになっていて、もう一度働きたい看護師や、正社員以外の働き方でやりたい看護師もたくさんいます。

 

少々雑なことをやっても、商売が成り立つのかもしれません。が、そんなところに巻き込まれないように注意しましょう。

 

そのためには、まずは自分の希望と、自分の持っている条件をちゃんと整理しておくことです。

 

「夜勤は無理」ということもあれば、「夜勤専門でやりたい」という人もいるでしょう。給料はいくら以上。勤務日の希望は。単発などの短期か中長期か……あいまいにしてはいけないことはたくさんあるのです。

 

根気強く希望に合うところを探してくれるような担当者のいるところにしましょう。

 

もし、担当者に不信感を持ってしまうようならば、その上司などに相談してみましょう。多くの場合、変更してもらえるようです。

 

また、複数の派遣会社に登録することは、なんら問題はありません。

 

派遣会社によって、得意とする求人先に違いがみられようです。オーソドックスな病院の求人をしっかりと押さえているところもあれば、ツアーの同行看護師などちょっと変わり種を多く持っているところもあります。

 

最初から一つに絞り込まないほうがむしろいいでしょう。

 

 

 

 

http://離島看護師.com/

 

 

更新履歴