離島 看護師 仕事

MENU

離島で働く上での注意点?

離島の病院の看護師として働く悩みは、本土・離島関係なくあると思います。

 

看護師だけではなく、医師、または患者さんにとっても安心して治療を受けられる環境は必要です。
離島の病院の看護師として働く上での注意をご紹介します。

 

離島で働くと、正直東京や大都市の病院、または各地域の大学病院に比べ医療技術が怠ってしまうということです。
なので、ヘルプで本土から来た看護師は最先端医療の中の看護を知っているので、医療の常識と思っていた現代の技術が通用しなくなります。

 

始めは戸惑いもあるかもしれません。
離島の病院の看護師や先生といろいろぶつかることも出てきてしまうかもしれません。

 

離島は本土の大学病院のように細かく科に分かれてはいないので、オールマイティーに全般を看ることが必要になってきます。
外科・内科・小児科に幅広く看護ができるスキルがあれば、ベターです

 

そして、地域によっては准看護師が多いところも多く、緊急の対応や処置に弱い部分があるそうです。
なので、いざと言うときはリーダーシップを発揮でき、先頭に立てる自信やスキルもあると良いそうです。

 

ほかに、地域や医学を学んだ環境が違うことで、同じ現地の看護師や医師とぶつかることも出てくるかもしれません。
それでは、地元のスタッフが手を貸してくれなくなりますので、お互いが気持ちよく仕事ができるよう、コミュニケーションのスキルも大切です。患者さんだけではなく、同じスタッフとも上手く理解し合えるよう努力は必要です。

 

離島で看護師として働きたい!
求人数が決して多くない離島でのお仕事探しの
上手なポイントをこちらでご案内しています。

↓↓
≫≫離島のお仕事を効率よく見つける方法はこちら