離島 応援ナース?

MENU

離島の応援ナース?とは

離島の病院の看護師は慢性的に常に不足しています。
なので、離島の病院からすればどんな待遇でもするので離島へ来て欲しいという強い願いがあります。
離島自体人もいないので、その島内で見つけること自体困難だからです。

 

その離島の病院の看護師問題を解決してくれるのが「離島応援ナース」と呼ばれる短期でヘルプをしてくれる看護師です。
この応援プログラムは、他の日本の地域から離島へ呼び寄せて、離島の病院を助けるのが目的です。

 

このプログラムは短期間なので、気分や環境を変えて看護をしたいという人には最適です。

 

基本的に3ヶ月や6ヶ月などの最低期間が設けられており、看護師の希望によっては延長することができます。
沖縄などの離島は海も綺麗な上、郷土人はフレンドリーの人が多く、看護師自身がいろいろなものを得て戻ってくる人が多いです。

 

そして、このプログラムの良いところは、寮完備なので簡単に赴任することができます。引越し費用なども全て病院側が持ってくれるので、お金は貯まります。
離島の病院の看護師として働くと、正看護師で30万円〜40万円、准看護師で25万円〜35万円が平均給料としてもらえます。

 

自然や人とのふれあいなど、給料や仕事のやりがい以外に沢山の魅力があります。
ただ、患者さんが高齢者が多く、方言が強いの初めはいろいろ戸惑うことがあるかもしれませんが、多くの看護師さんがおススメしているプログラムです。ぜひ興味のある看護師はインターネットで検索してみて下さい。

 

離島で看護師として働きたい!
求人数が決して多くない離島でのお仕事探しの
上手なポイントをこちらでご案内しています。

↓↓
≫≫離島のお仕事を効率よく見つける方法はこちら