離島 看護師 魅力?

MENU

離島の看護師として働く魅力?

日本には沢山の離島があり、その島一つ一つに住んでいる人たちがいます。
島自体も小さく、住んでいる人たちの人口もそこまで多くないとすれば、もちろん病院の数や医者・看護師の数も限られてきます。
もちろん他の地域からの看護師が、離島に働くことも可能なわけですが、慢性的な人手不足はなかなか解消されません。

 

確かに医療技術や給与などを考えてしまうと、離島の病院で働くことに抵抗を感じてしまうかもしれません。
ただ、離島の病院の看護師として働くと沢山得られるものがあるとも言います。

 

離島の看護師として働くことの魅力やメリットとは何でしょうか?

 

まず、患者さんとなる人たちは小さい島の人たちなので患者さんのほとんどと交流をとることができます。
もしかしたらみんなご近所さんなんていうこともあるかもしれません。

 

なので、患者さんとの関係がとても蜜になり、家族のような親しみの持てる看護ができます。
もし患者さんが亡くなってしまった際も、身内の死のように思えるほど身近で悲しくなるようです。

 

離島の病院の看護師をしていると、人手不足のためなかなか完全な休暇をもらえないこともありますが、救急対応をしている病院が少ない為、基本残業が続くことはないそうです。

 

海や自然に囲まれ、島の人のフレンドリーさなど仕事以外の部分で大きく支えられることがあるようです。
なので、都心や大都市の大学病院でひたすら働いて疲れている人など、環境を変えるためにも離島の病院の看護師はおススメです。

 

離島で看護師として働きたい!
求人数が決して多くない離島でのお仕事探しの
上手なポイントをこちらでご案内しています。

↓↓
≫≫離島のお仕事を効率よく見つける方法はこちら