離島 看護師 仕事

MENU

離島の看護師の仕事の見つけ方

離島の病院の看護師として働くことに興味をもつ看護師さんは結構いるようです。

 

離島で医療を助けると言うと、ドラマのDr.コトー診療所をイメージする人が多いと思います。彼がいた無医村の島までは行かなくても、医師や看護師の手が足りていない離島は多く、本土から看護師を求めている病院は沢山あります。

 

その離島の病院の看護師の仕事をどう見つければ良いのでしょうか?

 

実は看護師専用の求人サイトがあります。そこで離島の病院の看護師として働いてくれる人を募集にかけています。

 

離島の病院の看護師として仕事を見つけるのに、おススメのサイトがいくつかあります。

 

まず「ナース人材バンク」です。
2000人以上の登録者が現在離島で頑張っているおり、沖縄地方の小島や関東エリアでは伊豆大島や三宅島などの離島に派遣をさせます。

 

このナースパワー人材センターは、最短3ヶ月間だけ離島で勤務する事ができます。1年以上の病院勤務経験者であれば登録が可能で、准看護師としてでもお手伝いすることができます。特に面接はないので書類選考で選ばれます。

 

そして他に「ナースWORKER」という看護師求人サイトがあります。
ここでも離島の病院紹介サービスを行っています。このサイトだと、最低6ヶ月の滞在が必要となってくるので、一度離島で少しだけ経験をしてみたいという人は、ナースパワーの最短3ヶ月を選ぶと良いかもしれません。

 

ナースパワー人材センターもナースWORKERも、離島での給料はほぼ同じです。応援手当てを入れて正社員で30万円から40万円、准看護師であれば25万円から35万円が毎月支給されます。

 

長くいることはできるので、6ヶ月から1年などに延長することはできます。

 

もし地元を離れ、離島で看護師を頑張りたいと思っている人は、ぜひ一度短期間の離島の短期プログラムに参加すると良いでしょう。

 

もし本気で引っ越してその島に住み、正社員として離島の病院で働きたいという人は、他のナースフルなどの看護師求人サイトでも見つけることができます。
離島は病院の数自体も少ないものの、人も少ないので比較的採用率は高いかもしれません。

 

離島で看護師として働きたい!
求人数が決して多くない離島でのお仕事探しの
上手なポイントをこちらでご案内しています。

↓↓
≫≫離島のお仕事を効率よく見つける方法はこちら