離島 看護師 問題・悩み?

MENU

離島の看護師の問題・悩み?

離島の病院の看護師であることの問題よりも、離島の医療環境の問題が大きいと言えます。もちろんその医療環境が理由で、離島の看護師にも負担がかかってきます。

 

離島の病院の看護師の問題について、いくつかご紹介します。

 

離島は慢性的な人手不足で、離島の病院の看護師は有給などの休暇が取りにくいのが現状です。なので休みで時間ができても遠出することができないので、なかなかリフレッシュすることができないこともあります。

 

そして現地の離島の看護師からしてみれば、派遣でくる短気の応援ナースたちも入れ替わりが多いので、本土からの技術や医学を学べることもあるかもしれませんが、その派遣の看護師たちの世話などもあるので、彼らが慣れるまでは大変だと思います。

 

そして離島の看護師の給料は基本的に本土より低い割りに、人手不足のために看護師一人一人の責任が重くなってもきます。

 

他には、離島のために医療研修などの費用の負担も大きく、参加が困難になることも多いです。なので、技術や知識などに遅れが出てしまうこともあります。

 

ただ、離島での看護で辞めたい、辛いという声はインターネットでもあまり見つけられず、経験して良かったと言うプラスのコメントが沢山見られるほど、充実できる場所なのかもしれません。患者さん一人一人と向き合って看護をしたいという人には、向いている場所でしょう。

 

沖縄諸島などの離島は方言が強い高齢者も多いので、派遣看護師は慣れるまで大変かもしれませんが、それでも看護師としてやりがいのある場所のようです。

 

離島で看護師として働きたい!
求人数が決して多くない離島でのお仕事探しの
上手なポイントをこちらでご案内しています。

↓↓
≫≫離島のお仕事を効率よく見つける方法はこちら