応援ナース 離島

MENU

応援ナースができる離島はどこ??

 

日本には本土の人が知らないような小さい離島が沢山あり、そこにそれぞれ生活を営んでいる人たちがいます。その場所に伝統や思いがあり、簡単に「不便なら引越してこい」と言えない強い愛があります。そんな人たちの病気を治すにも人が足りないため、派遣ナースを本土から呼び寄せるプログラムがあります。

 

実際に看護師の仕事ができる離島とはどこなのでしょうか?

 

イメージをするとすぐに沖縄という言葉が出てくるかもしれません。しかし沖縄以外にも沖縄の周りにある島々にも行けるのです。
例えば、離島ではありませんが、鹿児島県から始まり屋久島、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島や与論島などがあります。

 

九州の長崎周辺にある対馬、壱岐島、五島列島、福江島などにも派遣として離島の病院の看護師として行きます。

 

そして驚くのが、関東エリアの離島の病院にもお手伝いに行くのです。
”そんなに島があったっけ?”と思いますが、神奈川県の三浦半島の北側には伊豆大島を始め、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、八丈島、青々島などが連なり、そこの離島の病院の看護師としてお手伝いすることもできます。

 

離島の病院の看護師紹介サイトの、ナースパワーやナースワーカーなどのサイトへ行くと、その島々の魅力を紹介しているので、ぜひ興味のある看護師はご覧になってみて下さい。

 

沖縄近くの離島は台風が強く、夏は慣れないと大変な経験をするそうですが、澄んだ海の美しさや食事、文化などに多く触れられると思います。

 

離島で看護師として働きたい!
求人数が決して多くない離島でのお仕事探しの
上手なポイントをこちらでご案内しています。

↓↓
≫≫離島のお仕事を効率よく見つける方法はこちら